ファスティングと酵素の必要性

汗をかいてもほとんどデトックス効果なし?

結論から申し上げると、最もデトックスになるのは排便。
毎日快便な人ほどデトックス効果が高いという事のようです。ですが、汗は、体外毒素の排出には向いているらしいです。

身体から排出されるものには、便、尿、汗、そして、髪や爪に含まれて体外に出ますが、この内、便が75%と最も多いという事で、毎日、お通じがある事こそが一番デトックスになるという事だと知りました。

つづいて尿。
どちらかというと尿の方が多いという気がしますが、割合的には便が一番でも頻度から考えると尿も効率的に体内毒素を排出してくれるのは言うまでもありません。

ですが、残念な感じがするのが汗。
汗からは、毒素が3%程しか出ないらしく、「デトックスの為にサウナ行ってくる」なんていう会話も虚しいものとなってしまいかねません。

でも、実は、この続きがあり実際は違うようです。
やっぱり汗を見直す事となりそうなんです。

それは、汗から体外毒素が排出される量が多いという事。
体内の毒素は、腎臓で濾過されて尿として排出されますが、この腎臓という機能は、太古の昔に環境汚染などなく人の住む環境に体外毒素となる重金属などが無かったそうです。

実際に存在はしていただろうけど、それを人が体内に取入れてしまう事は少なかったので、腎臓に重金属を解毒する機能が備わる事がなく進化してしまったそうです。
そして、現代に至ります。

対して、汗というのは汗腺から排出されますが、その働きは、体温調整。
人が活動する事で体温が上がり血液の温度が上昇すると、熱に弱い脳にダメージとなるのでそれを冷やすために、汗を出して気化熱で身体を冷やします。

この汗腺というのは、脳との密接な関係があるから、脳が進化してきてから作られたものです。身近な動物であるネコやイヌなど、動物には、汗腺があまり発達していないという事らしいですが、これも、脳の発達と関係しているからだそうです。

このように後から出来た人間の汗腺の機能は、実は、まだ未完成。
そして、未完成だからその過程で重金属を再取り込みする事ができずに排出してしまうという事らしいのです。

偶然の産物的要素は強いのですが、このように、汗の機能が未熟で汗を排出する時に重金属を始めとする成分を留めておく事ができずに、外に出してしまう。
なので、汗自体のデトックス効果は、高くないとしても腎臓と比べて、重金属を外に出すのは、汗の方が実際は良いという事のようです。

ただし、汗にも良い汗と悪い汗があり、ゆっくりじわり外に出る良い汗には、重金属はあまり含まれておらず、急激にかいた汗には重金属が多いという事なので、デトックス効果を発揮する為には、一気に汗をかくと良いとの事です。