ファスティングと酵素の必要性

ファスティングダイエットのつもりがリバウンド

ファスティングのやり方を誤るとリバウンドする事も多いそうです。
まあ、これは、ファスティングに限った話では無いと思いますが、基本的に日頃運動しない女性程リバウンドしやすいのは言うまでもありません。

そもそもの話ですが、太っているという現状から考えても、リバウンドしやすいのは目に見えているのです。
太るというのは、大きく分けて二種類あります。

一つは、代謝が悪く少ないカロリーでも太る体質。つまりは体質の問題。
もう一つは、代謝量よりも多くのカロリーを摂取している事。こちらは、食生活の問題。

もう一つあるとすれば、代謝も悪く食べる量も多ければ、それが一番太りやすいのは明確です。

尚、ファスティングを行ってリバウンドするのは、代謝が悪くて太っている人が多い気がします。代謝が悪いという事は、筋肉量が少ないので、身体を動かしても一度に消費するカロリーが少ない状態です。

そんな筋肉量の少ない人がファスティングで断食すると、最初は、基礎代謝の分だけ体内でカロリーが消費されるので体重が落ちます。

でも、その体重が落ちたのは、脂肪が燃焼されたからではなく、筋肉が分解して使われたからなのです。

筋肉が分解されたというか、私たちの身体の中の筋肉を含むタンパク質は、およそ7割がリサイクルされます。そのリサイクルが繰り返されている中で、タンパク質が使われるので消費していくという事なんだと思います。

尚、筋肉は脂肪より重いので体重の変化も現れやすいのです。
なので、ファスティングを開始してまもなく体重が落ちたと思っても、それは、脂肪が落ちたのではなく筋肉だったというのがオチです。

そして、この段階では基礎代謝も改善していないので、ファスティング期間が終了してまた食べ始めると太るというだけでなく、今まで、脂肪を取り入れる事ができずに飢餓状態にあった脂肪細胞が今まで以上にカロリーを吸収します。

つまりリバウンドのできあがりというワケです。

このようにファスティングやリバウンドの事を知らないで行うと、基礎代謝を落とし、体重減少を誤解してその後食べ過ぎてしまい、カロリーオーバーでダイエットが無駄になる事もあるので注意が必要なのです。