ファスティングと酵素の必要性

ガンに対する恐怖心が減りました

ファスティングの本を読めば読むほど、ガンという未知の病気の問題が自分自身の食生活にあるという事を知る事が出来ます。食生活以外にもストレスや環境汚染などあると思いますが、やはり食の関わりが大きいのは事実。

同時に、万が一治らないようなガンだとしても、病院に行くよりファスティングした方が長生きできるなという気もしています。

こんな事書くと、西洋医学でガチガチのお医者さんから怒られそうな気がしますが、大切なのは、体に負担となる事が何なのか、また、体の負担を取り除いて自己治癒力を高めるのは、何なのかを具体的に把握しておく事なのではないでしょうか。

がん細胞を強制的に排除する抗がん剤は、何よりも体に負担となりますから。

なんせ、体内に溜まった毒素を一手に引き受けるがん細胞は、元々は、私たちの体にある細胞です。それが、体内毒素を浄化することが出来なくなり、ため込むゴミ袋としての置き場ががんそのもの。

つまり、今の原発のゴミ袋のようなものです。
実際に現地で見たことがありますが、あれは、中々衝撃的でした。

ただの土を細胞とすると、その細胞に放射能という毒素が加わる事で危険なものとして隔離される。まさにがん細胞と同じ事を人間自身が行っています。

同時に、高齢化に伴ってガンの罹患率が2人に1人など言われています。
こういうCMは、有り誤解を大いに招くものでしか有りません。

まるで、ガンになったら短命となると言っているようなCMです。
でも、元々は自分の細胞であり、それを招いているのは、生活習慣であり、それを当たり前としている今の日本の社会そのもの。特に、食に対する誤解が大きな問題。

健康の為には、たくさん食べた方が良いという間違い。
同時に、コンビニの食品のように、食品添加物の方が”高栄養”とも思えるようなものが増えて、それが、当たり前に食べられるものとして扱われている事。

これらは、少量なら人体に影響が無いとされ認可されているものばかりですが、それを毎日のように繰り返したら、毒素として十分に作用する事も考えられます。

身の回りにこうした食べ物があふれている。
そう考えると、罹患率2人に1人というのは、十分に納得できる割合です。

また、ガンの恐怖心の大きな原因は何なのか考えると、それは、治療の辛さや発見が遅れたら手遅れという考えが浸透している事です。
事実そうなのかもしれませんが、それは、西洋医学に限った話。

そして、西洋医学が絶対的という思い込み。
これも、日本だけに限った話ではありませんが、日本人は、世界の中でもトップクラスの薬使用量だそうです。

病院へ行くと、老人があれ程居る光景も日本ならではだったりするのかもしれません。

いずれにせよ、感染症など急を要する場合は、薬に頼る必要がありますが、ガンのように、その原因の大半が自分自身にある場合、まずすべきことは、病院へ行って自己治癒力を削るような薬を飲むのでは無く、まずは、ファスティングのように毒素を出すところから始めた方が良さそうな気がしています。

これは、あくまでも個人的にそう思っている事ですが、結果、病院でも治せない場合の多いガンのような病気は、本当に医者を信用して良いのか、まずは、そこから考えを改めるべきなのかとも思っています。